当サイト「ぼん太」のコンセプト

さて、当サイトは「ぼん太が実際に試した業者」しか掲載しておりません。ぼん太の体験から、タイムリーに相場レートで現金化してくれる業者だけを3社だけ掲載しています。もちろん長短はあるものの、掲載している3つの専門業者は他社と比較していろいろな面が秀でています。

運営者「ぼん太」

不要になっていたアマゾンギフト券の処分する時にネットを利用したのですが、なかなか思っていた通りにはいかず反省をこめて作ったのが当サイトです。サイト掲載の3社は信用できる業者と私なりに位置付けています。 少しでもご参考頂くと有難いです。

プライバシーポリシー「ぼん太」

当サイトではサイトへのご来訪者の個人情報保護の重要性について強く認識しております。当サイトは個人情報保護に関する法律、国が定める指針その他の規範を遵守し、ご来訪者の個人情報を適法、公正、正確、安全に取り扱います。

免責事項「ぼん太」

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害に関しても、当サイトは一切の責任を負いません。あくまでもご自身の判断で、個人責任にてご利用ください。

買取ボブ

アマゾンギフト券買取サイトの中で特に「買取ボブ」の買取率は、事前に自社ホームページ上に相場変動に合わせて一般公開をするなど、ユーザーには親切。スピードと換金率がそこそこ高く、人気が人気を呼び業界のトップクラスに躍進してきた。

【ぼん太】が悩み抜いて実際にアマゾンギフト券買取業者を試して出た結論がランキングベスト3

悩み抜いて出た結論が、「実際にアマゾンギフト券買取業者を試すしかない。」ということで、何社か選択し実施してみた次第です。結局、当サイトに掲載中の3社が残りました。

Amazonギフト券を換金して二人の旅費にしました。【ギフト券買取ウィング】

その一番の理由として、換金率の正式公開と、本人確認用の身分証明提出が無く携帯電話認証のシステムが気に入りました。時間は私自身余裕がありましたので、翌日に振込になってもいいかな・・と考え、とりあえず申し込みをしました。

本日現在での買取率(換金率)について当サイトに掲載中のサイト3社につき再度調べた。

3社ともにほほ換金の率はほぼ同率と考えて良いでしょう。 3社はともに「初めての方」には1%~2%は高めに設定しています。 例えば、買取ウィングは初回が87%。再来が86%。 または、買取ボブは初回88%と高率ですが、逆に再来が83%と、なんと5%の差がついています。

アマゾンギフト券買取は街中の「金券ショップ」では「ほとんどお断り」と考えてよい。

結局、ネット上において「アマゾンギフト券買取の専門店」を探すしかない。信用のできるお店はどこだろう?という「ぼん太」の素朴な疑問から、「試し換金」が開始されたわけです。現在のところ、当サイトの掲載されている3つの業者が私としては「ご紹介できる」に値する専門業者ですね。

リアルタイムに変動する換金率をきちっとサイトに表示しているサイトが狙いどころ。

額面からの換金率は1%違うだけでも振込金額に多大な影響を及ぼすことは言うまでもありません。私の経験論ですが、最大90何%・・とか「最大値」を売りにしている業者さんの場合、さらに問い合わせしてもはっきりと現在のレートを回答して頂けない業者さんは申し込まないに限ります。

この時代に身分証提出不要の「ギフト券買取ウィング」はまさに稀少価値的存在!(ぼん太絶賛)

「ギフト券買取ウィング」は、この煩わしい身分証提出を本人確認は携帯電話で認証というシステムを導入しています。つまり基本的には電話のやりとり無し、前述のように身分証提出も無しということです。(50万円未満)

ギフト券買取ウィングを初めて使用した!あまりの手際の良さに感動。一連のスケジュールも、買取金額も事前周知で安心。

終わってみれば、あまりにも着実な買取システムであり、当初思っていたよりもトントン拍子に終わりました。満足感があります。諸事情で換金は急いでいましたが、半日待った甲斐があったと振り返ります。

ノーマルのメールタイプを強く推奨。自動チャージ型は便利だが、購入すると換金や返金はできない。

要は現金でプレゼントにちょい抵抗ある場合に代替え策としてのアマゾンギフト券。やはり「素(す)」のギフト券であれば一番飾り気の無い、地味でさりげないノーマルのメールタイプでしょう。自分用に購入する場合にもこのノーマルのメールタイプを強く推奨します。